Centos tips Centos 使い方 CentOS7.4 CentOS7.5 QGIS 地理院タイル

CentOS 7.5 上の QGIS 2.14 に 地理院タイルの標準地図を表示する

投稿日:

はじめに

CentOS 7.5 上の QGIS 2.14 (コードネーム:Essen) に地理院タイルの標準地図を表示してみます。

環境は CentOS 上の KVM のゲスト OS です。このゲスト OS は CentOS 7.5 (CentOS Linux release 7.5.1804 (Core))であり、CentOS 7.4 からアップグレードしたものです。

アップグレードする前の CentOS 7.4 をインストールした際には、「SOFTWARE SELECTION」(ソフトウェアの選択)に於て、「サーバー(GUI使用)」としました。

この CentOS 7.4 に、以前の記事「Centos7 VNCで接続して yumex を使う」や、「CentOS 7.4 に QGIS 2.14 をインストールする」や、「Ruby on Rails 複数バージョン使い分け可能(方法その2)」を施してあます。この CentOS 7.4 を CentOS 7.5 にアップグレードした環境だということです。

ここで大切なことは、QGIS 2.14 がちゃんと使える状態になっていることです。

ここでは、QGIS 2.14(Essen) に地理院タイルの標準地図を表示する方法を二つ紹介します。

目次
  1. 方法 その 1:「TileLayer Plugin」を使う
  2. 方法 その 2:「国土数値情報閲覧マニュアル」に従う
  3. あとがき(蛇足)
詳細
  1. 方法 その 1:「TileLayer Plugin」を使う

    ずいぶん前からネット上で多くの方々が教えて下さっている方法です。
    例えば、「技術室(Technical Room)」や、「ymcity’s blog」等々のウェブページが有り、皆様方が懇切丁寧に説明しておられます。

    この方法の概要を簡単に言うと、QGIS のプラグインである「TileLayer Plugin」を使う方法だということになります。このプラグインに、MinoruAkagi 様が github で公開しているタイルレイヤ情報(https://gist.github.com/minorua/7654132/download#)を設定して、「標準地図」や「白地図」等々、国土地理院さんが公開しているものを読み込むというものです。

    実際にやってみる場合は、「技術室(Technical Room)」や「ymcity’s blog」等々を見てください。

    他にも『地理院タイル QGIS』などとして、YAHOO! でググれば、数多くの教示が見付かると思います。

    QGIS 2.14 に標準地図表示(TileLayer Plugin 使用)


    この項の先頭へページの先頭へ

  2. 方法 その 2:「国土数値情報閲覧マニュアル」に従う

    国土数値情報閲覧マニュアル(QGIS)2017年3月 国土交通省国土政策局」という文書が PDF ファイルとして公開されており、これに従えば、標準地図等々が表示できるようになります。この PDF ファイルでは、画像付きで詳細に使い方が説明されています。特に地理院地図を読み込むには、このマニュアル内の「4.地理院地図の読み込み」を参照してみてください。

    なお、このマニュアルは、QGIS 2.18.3(Las Palmas) 向けに書かれているようですが、QGIS 2.14(Essen) でも、このとおりに行なえば、地理院タイルを表示できるようになります。

    実際にやってみる場合は、やり方の詳細について、このPDFファイルを見ていただくとして、ここでは、やりかたの概要を簡単に示します。

    1. QGIS 2.14(Essen)を起動します。
    2. QGIS の画面上の「ブラウザパネル」に表示されている「WMS」を右クリックして、プルダウンメニューの「新規接続」を選択します。すると、「新しいWMSコネクションの作成」という名前の設定ダイアログが開きます。
    3. この設定ダイアログで、「名称」として、例えば「地理院地図」と記入します。また、「URL」には、「http://gsi-cyberjapan.github.io/experimental_wmts/gsitiles_wmts.xml」と記入します。なお今回は、この設定ダイアログでは、「名称」と「URL」以外は、記入しませんでした。これで OK します。
      すると、たくさんの項目が読み込まれます。これらたくさんの項目の中から「標準地図」という項目を見つけ出すには、少しですが根気が必要かもしれません。なので、「ブラウザパネル」にある「ブラウザのフィルタ」を使って検索すると良いでしょう。
    4. 見つけ出した「標準地図」という項目を右クリックし、出てきたプルダウンメニューの「レイヤ追加」を左クリックで選択します。すると、標準地図が読み込まれて表示されます。
      読み込まれたたくさんの項目の内、今回やってみて表示できたのは「English」「標準地図」「白地図」「標高タイル(基盤地図・・・」「標高タイル(地球地図・・・」です。一方、表示させることができなかったのは、「基準点・測地観測_干渉SAR_だいち(ALOS)・・・」や「地震、台風・豪雨等、・・・」等々です。

    QGIS2.14 に標準地図が表示された


    この項の先頭へページの先頭へ

  3. あとがき(蛇足)

    QGIS の最新バージョンは、3.2.3(コードネーム:Bonn) で、ロングタームリリース版は、2.18.24(コードネーム:Las Palmas) だそうです。詳細については、QGIS のホームページをご覧ください。

    一方、CentOS 7.5 で簡単にインストールするには、「端末」で、yum コマンドを使うとか、GUI アプリケーション「Application Installer」を使う方法があります。しかし、いずれの方法でもインストールできるのは、epel-7 リポジトリに登録されている 2.14.9(コードネーム:Essen) です。ただし、これらの方法でインストールしても、起動するとエラーが発生して、ちゃんとは使えません。(なので、「CentOS 7.4 に QGIS 2.14 をインストールする」という記事を書きました。)

    CentOS 7.5 でも QGIS 2.14(Essen) よりも新しいバージョンの QGIS をインストールしたいのはやまやまですが、CentOS 7.5 で、QGIS 2.14(Essen) よりも新しいバージョンの QGIS をインストールするには、ユーザ自身でコンパイルする必要があるみたいで、大変そうなので、私は諦めました。そもそも、CentOS をデスクトップ OS としても使っていることに無理があるって事なんだろうなと思います。私は、IT 技術者ではく、ただの5才(本当は、プラス52才)です。なので、自分でコンパイルしたとして、エラーに見舞われると精神的ダメージを凄く受けるので、怖いのです。CentOS がバージョン 8 になるまで待とうと思います。

    待てない方には、Ubuntu をお使いになることをお薦めします。Ubuntu 18.04 の「Ubuntuソフトウェア」に登録されている QGIS は、最新の 3.2.3(Bonn)です。これなら簡単にインストールできますよ。

    この項の先頭へページの先頭へ

以上(完)。

-Centos tips, Centos 使い方, CentOS7.4, CentOS7.5, QGIS, 地理院タイル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

CentOS 7.5 に pgadmin4 をインストールして使ってみる

はじめに pgadmin4 は、PostgreSQL 専用のデータベース管理クライアントソフトウェアで、PostgreSQL をブラウザで操作できるようにするためのものです。pgadmin4 について …

Centos7 VNCで接続して yumex を使う

はじめに VNCで接続したリモート側で「yumex」を使用するための工夫を、個人的な備忘録として記しておきます。 GNOMEには標準で、「ソフトウェア」(アプリケーション >> システムツ …

pgadmin4 のバージョンを 4.7-2 (令和01.05.30) に上げたら変になった

註(R01.06.04):本稿執筆中、4.8-1(令和01.06.03)がリリースされましたが、当該不具合は解消されませんでした。本稿の対処は、4.8-1 でも有効です。 註(R01.06.05追記) …

CentOS 7.4 (1708) がリリースされました

CentOS7.4(1708)が、日本時間平成29年9月13日深夜に、リリースされていました。 以上、お知らせします。

Ruby on Rails 複数バージョン使い分け可能(方法その2)

はじめに CentOS7.4に、Ruby on Rails を複数バージョン共存可能にしてインストールする方法のその2です。 環境は、CentOS 7.4 です。インストールの際には、「SOFTWAR …